看護師としての働き方は、時代とともに大きく変わってきました。そのため、病院やクリニックなど医療機関で働くだけでなく、高齢者施設での働き方も選択肢のひとつです。また、ひとりの患者としっかり向き合うために、訪問看護の仕事へと転職する方法もあります。このように、看護師の仕事は多岐に渡ります。大切なことは患者の気持ちに寄り添って、満足してもらえる看護を行うことです。また、患者の家族とも近い距離にあるため、患者の病状や将来のことなどについて、不安な気持ちをサポートことも看護師の役割だといえます。そんな中、患者の病気や怪我の回復をサポートするための「チーム医療」の存在が重視されているのです。
チームには、医師をはじめ理学療法士・栄養士・薬剤師・ソーシャルワーカーなど、多くのスタッフが関わっています。なかでも、看護師は中心的な役割があり、良好なチームワークを保てるための重責を担っているのです。もちろん、チーム医療の中心になるのは医療関係者ではなく、「患者や家族」です。そのため、看護師は、患者が病気や怪我と正面から向き合って積極的な生き方ができるために、心身両面からサポートする必要があります。
さらに、リハビリナースの存在が注目されています。リハビリナースは、退院後の生活に備えたリハビリの現場で働くスタッフであり、患者の機能回復をサポートするところに大きな特徴があります。今後、高齢化社会の加速につれて、ますます需要が増えると思われますが、患者の小さな進歩をともに喜びあえることで、仕事に生きがいを見出すことができるでしょう。