医療活動は、医療スタッフがチームを組んで行うケースが多いです。医師を中心として看護師が医療サポートを行うことにより、患者への治療を行えます。主たる医療行為は医師が行い、看護師は補助という働き方が多いです。しかし、状況によっては看護師のケアが大きな手掛かりとなるケースがあります。患者が女性で医師が男性である場合に、打ち明けられない悩みがあるなどの問題があります。この場合には、女性の看護師が患者と医師の間に立つことにより、スムーズなコミュニケーションを図ることが可能です。
このように、状況に応じて女性としての立場を活かすことをチーム医療の中で心がければ、医療サービスの質はもっと向上します。それだけに看護師は与えられた仕事だけでなく、医療チームの中でどのように行動すればよいかについて、常に考えるのが必要です。そのためのヒントとして、身の回りに仕事ができる看護師の姿を探すことからはじめられるでしょう。
ベテランの看護師の中には状況に応じて柔軟な対応を行い、チーム医療で重要な役割を果たしている人物がいます。そのようなベテランの仕事の姿から、看護師として学ぶべきことは多くあります。看護学校といった教育施設で学んだ基礎知識以上のことを、医療現場での仕事では学べるのです。周りにいるお手本を見つけられると、看護師としての実力を大きく伸ばすことができます。医療チームの中で欠かせない存在になれるでしょう。